自然って素晴らしいですね♪ (Ⅱ)

lemon13121.exblog.jp
ブログトップ

2018年 07月 13日 ( 1 )


2018年 07月 13日

二代目観音埼灯台の残骸と現在の灯台。。。神奈川県

     ・・・・・・・・・・ 黒矢印は二代目観音埼灯台の残骸が転がっている位置 ・・・・・・・・・・
c0316235_10395635.jpg
(2018.07.08-15:09PM撮影)


     ・・・・・・・・・・ 関東大震災で被災した 二代目観音埼灯台の残骸 ・・・・・・・・・・
 大正12年9月1日に発生した関東大震災によって、灯台は北方へ5度傾斜し、官舎及び付属舎は半壊しました。
二代目灯台は傾きはしたものの、横倒しになるとか、一部が崩落するようなことはありませんでした。
このような状況から、海岸に転がっている灯台の残骸は、傾いた灯台の解体・撤去の過程で現在の位置に放棄されたものと思われます。
 二代目灯台の高さは12mで現在の灯台と比べてかなり小さく、現在のような展望デッキはありませんでした。
残骸は八角錐状の塔柱最上部に相当しますが、残骸の大きさから推定すると、梯子状の階段と1人が通過できる程度の空間の先にレンズ室(灯火)
があったと思われます。狭い中でのレンズや機械の整備は大変であったと思われます。(横須賀市HPより)
c0316235_10470032.jpg
(2018.07.08-14:13PM撮影)


 鉄筋コンクリート製であるが、鉄筋はわずかで、帯筋に相当するような鉄筋はない。骨材はやや大きめの亜円礫が主体で、砂分は少ない。
残骸の形状によると、上下逆方向になっており、レンズが取り付けられていた箇所は下側になる。(横須賀市HPより)
c0316235_10522021.jpg
(2018.07.08-14:14PM撮影)


     ・・・・・・・・・・ のぼれる観音埼灯台 150M ・・・・・・・・・・
c0316235_11462205.jpg
(2018.07.08-14:17PM撮影)


c0316235_11492063.jpg
(2018.07.08-14:18PM撮影)


c0316235_11495931.jpg
(2018.07.08-14:20PM撮影)


     ・・・・・・・・・・ 現在の観音埼灯台 高さ19M ・・・・・・・・・・
 現在の灯台は大正14年6月1日に完成した三代目のものです。
八角形の塔柱は二代目の形状を引き継いでおり、大きさは異なるが外観はよく似ています。(横須賀市HPより)
c0316235_11513564.jpg
(2018.07.08-14:27PM撮影)


c0316235_12065223.jpg
(2018.07.08-14:54PM撮影)


c0316235_12011097.jpg
(2018.07.08-14:35PM撮影)


c0316235_12022133.jpg
(2018.07.08-14:38PM撮影)


c0316235_12033830.jpg
(2018.07.08-14:50PM撮影)


c0316235_12053084.jpg
(2018.07.08-14:44PM撮影)

[PR]

by lemon131211 | 2018-07-13 00:01 | Comments(0)